それでもやっぱりマルチーズ

IMG_2904.jpg

溺愛されるマルチーズ、ラブの日記。再びマルチーズの時代がやってくる!、、、かも。

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   静岡では先週末、26度の夏日を記録しましたが・・・
まだまだ朝晩は冷え込みますね!

 

皆様インフルエンザや花粉などに負けず、お元気でいらっしゃいますか?

ちなみにまいまいは去年に引き続き発症。そしてすでに完治。
・・・と、相変わらずですが、まぁ、去年のように試合に重ならなかっただけでも
よしとしましょう・・・。

 

 

更新をやめて、完全に放置状態のこのブログ・・・。

それでも、時々いただく暖かいコメントには、全部目を通しています。

ありがとう・・・(涙)

 

「元気?」

と聞かれれば、

「元気じゃない・・・」

と言うしかありませんが・・・
それでも、日常生活を送っている・・・外から見た感じは
普通に元気に見える程度には回復!?しているのかも・・・。

ただそれは、悲しみが癒えたとか・・・
寂しくなくなってきた・・・とかとは遠くかけ離れていて・・・

正直、亡くした直後の何がなんだか訳が分からず泣きまくっていた時よりも・・・
じわじわと胸に広がる深い深い悲しみにつつまれてしまったような・・・
二度と心の底から喜びを感じられないんじゃないか・・・・?
そんな・・・気もしてしまう日もあります・・・・。

 

 

でも、こんなことを言いたくて、
更新したんじゃないんです・・・。

 

 

年末に、ラブたんの声を聞いたんです。

 

あまりに塞ぐ私に、お友達がペット専門にヒーリングとチャネリングを
されている方を 紹介してくれて、12月末、会いに行って来たんです・・・。

なぜか、私の周りにはむかしからそういった能力を
持った友達や、友達の友達!?が多いんですよ。

 

・・・・・

 

・・・・・

 

会ったとたん、その方は

「ラブたんが、ままが心配でまだこちらの世界にいて、・・・苦しんでます・・・。
一度も天国に戻っていないみたいですから、一度先に浄化
してあげていいですか?」

ってポロポロ泣きながらいいました。

 

・・・・・・

 

ラブたん・・・私が心配で天国に行けなかったんです・・・。

まだ、虹の橋を渡っていなかったんです・・・。

「ごめんね、ごめんね・・・・・ママのせいで・・・。」

涙が止まりませんでした。

 

そのあと、浄化してもらttのですが、
それでも行こうかどうしようか迷っていたラブたんを、
以前実家で飼っていたゴールデンレトリバーのハニーが迎えに来てくれて・・・

ハニーは大型犬としては12年と寿命を全うしてくれて、
とってもお利口な子だったから・・・

「ラブたんはちょっとわがままで大変だけど、私に任せてね!」
と言って、光の中に導いてくれました・・・。そして、そのあとラブたんは、
とっても元気になって、走って戻ってきてくれました。

・・・・・

とは言っても・・・

もちろん、私にはラブたんの姿は見えません・・・。

 

 

・・・・・・

 

今から、その時の話になりますが・・・・

こういった話が苦手な方や、信じる事が出来ない方、
否定的な考えを持っている方など・・・
それも、とっても分かりますから・・・
スルーしていただけたら嬉しいです・・・。

 

 

・・・・・

 

 

私には姿は見えなくても、ラブたんだとわかりました。

 

いろいろ質問をして・・・

ラブたんの気持ちも聞けて・・・・

嬉しかった。

 

ラブたんはすっかり楽しい気持ちになっていたので、
なんだか拍子ぬけするような会話もありましたが・・・
それが、逆にラブたんらしくて笑ってしまう場面もあって・・・・・

たとえば・・・

「ラブたんに、今何を食べたいか聞いてください。」

って質問に・・・

「クリスマス前だから、赤いリボンのついたお肉と・・・・・
きれいなグラスに入った飲み物を飲みたい。って・・・・
あと、やっぱりケーキかな!?」

 って言ってますけど・・・・
・・・・・・
私、クリスマスを認識しているワンちゃんに初めて会いました!

・・・・って、ヒーラーさんも笑うんです。

去年(年が明けたので一作年ですが・・・) 確かにリボン付きのお肉
買って、ラブたんにもあげたんですよ。 もちろんケーキも・・・・・。
(ブログにものっていますが・・・)

で、さらには

しょっちゅう砂肝を焼いていた私に、
「砂肝もいいけど、今はなんでも食べられるから、違うものも食べたい!
チョコレートとか!」

・・・・・って言うんですよ、ラブたん・・・。

それマル通!?の方なら知ってますよね・・・・・
私が無類のチョコ好きだって・・・。

・・・・・

きっと、いつも食べたかったんですね、ラブたん・・・・・。

 

 

あと、

「まったく自分がわんちゃんだって思ってないですね!」

ってヒーラーさんに言われました・・・(笑)

お留守番も、さみしい、と言うより、どちらかといえば納得していなかったし、
ご飯もどうしてみんなと一緒じゃないのか!?って思っていたし、
まいまいは妹だって言ってたけど、私はお姉ちゃんのつもりだったし・・・

とかとか・・・


でも、
とにかくみんなが大好きで大好きで・・・
本当はもっと短いはずだった寿命が延びたんだよ!

・・・って・・・・。

で、今は逆にお留守番も全くしないで好きな時について行けるし、
食べ物の制限もないから何でも食べられるし・・・
 

って・・・。

嬉しいけど・・・・心から喜んであげたいんだけど・・・・・
ちょっと寂しかった・・・・。

だって、ラブたんには見えても、ままには見えないんだよ・・・ラブたん。

触れることも・・・出来ないんだよ・・・・

・・・って。

 

 

で、パパにはなにか一言ないの?

って質問には・・・

 

「健康のために、ゆっくりよく噛んで食べてね!」

・・・・って言ってますけど・・・??

と、・・・ヒーラーさんは不思議顔でしたけど・・・・

でも、まさにそれはラブたんなんですよね・・・

私が早食いのぱぱに毎日のように言っていたから・・・・・
本当にそっくりそのまま・・・・・。

で、

 

もちろんまだまだ色々話はあるんですけど・・・・・

 

途中、ヒーラーさんが、

「あれっ?」

って言って・・・・・

「ラブ家に来たがっている子の熱烈なアピールが聞こえます。
・・・・・ ラブちゃんも、それを望んでいるみたいですね!」

って言うんです。

 

で、いろいろ質問しながら聞いてくと・・・・

 

どうやら、ラブたんの血のつながった子で、すでに生まれているはずだ!って・・・。

男の子だって・・・。

 

ラブたん自身の希望でもあって、その子を探してほしい!
って言ってるって・・・・。

その子は、ラブたんのソウルメイト(魂の片割れみたいな・・・!?)
で、ある意味ラブたんでもある。って言うんです。

ラブたんはとっても幸せだったから、
今はその子の幸せをサポートしたいし、
天使として、私たちを守りたい!! というのがラブたんの希望で・・・
そして、その子自身が 本当に我が家に来たがっている!

って言うんです・・・・。

 

 

 

 

私ね・・・

嬉しいより先に悲しくなっちゃったんです・・・・ その時・・・・

 

「どうして???」 って・・・・・。

ラブたんの弟も気になるし、会いたいけど・・・・・

でも、でも、

 
ママはラブたんじゃなきゃいやだ!絶対いやだ! 
たとえソウルメイトだとしても・・・ それでも・・・いやだ!

 
どうして、ラブたんが生まれ変わってくれないの??

って言っちゃったんです・・・・・。

 

 

で、結局その話はとりあえず保留と言うか・・・・・
ままにはまだ時間が必要だから、弟のことは
正直どうなるか分からない・・・・・

といった感じで・・・ラブたんも納得してくれて終わったんです。

 

で、他にも色々話して・・・・帰ってきたんですが・・・・・

 

・・・・・

 

 

・・・・・・

 

 

年も明けて・・・・・

 

なんとなく、ラブたんが生まれたブリーダーさんのブログを覗いてみたんです。

そうしたら、いたんですよ。マルチーズ。

しかも、私がブログを除いた前日に更新されていて・・・・

 

しかも、男の子。そして双子。

・・・・・・

私がヒーラーさんのところに行ったのが22日・・・・・

そして、その子は11日生まれで・・・・その時にすでに生まれていたことになります。

でも、ブログにのったのは1月3日。

私がたまたまブログを開いたのが4日。

 

速攻で、血統だけ聞きました・・・・・。

やっぱり、ラブたんと血のつながった子でした・・・・・。

もちろん、年代も違うし、ママ、パパが全く一緒ってわけではありません。

ラブたんのままと違う男の子に女の子が生まれ・・・・

その子にラブたんのパパが交配して・・・

といった具合で、多少複雑ではありますが・・・・
間違いなく弟は弟。

ちょっと・・・・・震えてしまいました。

「放っておけない!」

って思っちゃったんです・・・・・。

 

で、その週末会いに行って・・・・・

 

 

一人の子になんとなくふわ~・・・とした気持ちになって・・・・・

 

でも、その場で決断できなくて帰って・・・・

 

 

・・・・・・

 

 

本当は、自分だけで決められたらいいのに・・・・・

今の私にはどうしても無理で・・・

もう一度ヒーラーさんに相談してみたんです。

 

そうしたらね・・・

一ヶ月振りに会いに行き
明るく 「こんにちは~!」 っていう私に

「大丈夫??」 ・・・・・って。

 

「ラブたんが、ママを心配して3回ぐらい私に会いに来たんですよ!」 ・・・って。

普通、一度光の中に帰った子は、簡単にこちらの世界には
戻ってこないはずなのに・・・・・

「ままは死んじゃったりしない??」

「ままが心配だ!!」

って、
光の中からではなく、こちらの世界に戻って、訴えてきたそうです・・・。

こちらの世界に戻ってくると、苦しそうになって・・・
それでもラブたんは私を心配してくれて・・・

その都度 「大丈夫だよ。」
と言って天国に帰してくれたそうです・・・。

 

ラブたんにだけ・・・ばれてました・・・。

毎夜毎夜眠れず・・・泣いて・・・
悲しみ以上に、私の中に恨みや怒りやらが渦巻いて・・・・・
とても声に出せないようなひどいセリフを心ではいて・・・・・
それこそ、手術した先生に恨み節を吐いて吐いて吐きまくって・・・・・・

そんな自分が嫌で嫌で・・・・・
ラブたんが心配するのもわかっていながら、やめられなくて苦しくて・・・・。

そのくせ、昼間は平然としているように暮して・・・・・

・・・・・

正直、ボロボロだったから・・・・

 

誰も・・・ それこそ、ぱぱやまいまいにも気づかれないようにしていたのに・・・

ラブたんだけは、分かっていて、
私と一緒に苦しんでいたんです・・・。 

 

・・・・・

 

その時、思ったんです。

 

どんな形でも、ラブたんと繋がっていたい。

ラブたんのためにも、私が立ち直らないといけない。

・・・って。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

そして、弟達を迎えることにしました・・・。

 

ラブたんと心も血も繋がっている子達。

「家に来たい!」 と言ってくれて、
会いに行った時もすごく喜んでくれて・・・・
小さい体で猛アピールしてくれた子達・・・。

私が幸せにするんだ!!!

って思いももちろんあったけど・・・・・

正直、  ままを助けてね!

って思いです・・・。

 

こっちの子だな。 私を呼んだのは・・・・・

・・・なんて、なんとなく一人の子に思ったのですが・・・
とてもとてもどちらかだけ、なんて選べなくて・・・・・

 

2わん一緒に我が家に来ることになりました。

 

ラブたんの代わりとして迎えるなんてよくないんじゃないか!?
ともすっごく思ったりしたけど・・・
でも、やっぱり家に来て欲しくて・・・。

 

 

 

2わんが遊んでいるときに、すごくラブたんを感じる時もあって、
一緒にいるんだな~・・・ って 心から思っています。

 

 

 

数日前から、その子たちとばたばたと過ごし・・・・

笑って過ごす時間も増え、
涙はまだまだ出てくるし、ラブたんを片時も忘れることはないけれど・・・
それでも、夜も眠れるようになってきました・・・。
(別の理由で起こされたりはしますが・・・笑)

それに、2わん一緒に迎えて本当に良かった!

愛情が偏ったらどうしよう・・・と思っていた自分には想像できなかったぐらい・・・
本当に同じぐらい二人が可愛いです。

 

 

 

ラブたん・・・・・

 

ラブたん・・・・・

 


ラブたん・・・・・もう安心していいよ。

まま、頑張るよ。

たとえママが泣いていたとしても・・・、
・・・毎日泣いちゃうかもしれないけど・・・
それでももう、心配しなくていいんだよ・・・。

 

 

だから、笑顔で遊びに来てね。

ままも、笑顔で迎えるからね。

 

ずっと、ずっと、これからも一緒にいようね。

ブラザーズを ・・・ 守ってね。

 

 

 

ラブたんを失ってからもうすぐ3か月・・・・・。

 

悲しみも苦しみも変わりませんが、
これからはラブたんと共に・・・・・
ブラザーズと一緒に過ごしていきたいと思います。

 

 

私を心配して、時々コメントを下さった方々に、感謝の気持ちと
ラブたんの気持ちを伝えたくて・・・・・

アップしてみました・・・。

ブラザーズを皆様に紹介したい気持ちもありますが、
今はまだ・・・
・・・もう少し、時間がかかるかもしれません。

 

 

 

 でもね、

ラブたんは、めっちゃ元気です。

光の中で、飛び跳ねて喜んでいるようです。

そして、光の中から、私に・・・みんなに会いに来て
・・・ 守ってくれているみたいです・・・。

 でも、ラブたんはやっぱりラブたんで・・・・

ブラザーズを迎える決心をした私に一言・・・・・

 

「わたちみたいに可愛くなくて、お利口じゃないかもしれないけど、まま、よろしくね♪」

・・・・だって。(汗)

ヒーラーさんもさすがに笑ってました・・・・・。

 

・・・・・・

 

 

・・・わかってるよ、ラブたん。

ラブたんは本当に特別だった・・・。

でも、愛情はまままだまだあふれるほど残っているから心配しないで!
ラブたんにもっともっと捧げたかった愛情を、弟達に分けてあげてもいいよね!?
だから・・・
ブラザーズはままに任せてね! 

 

ラブたん・・・・ ずっとずっと、大好きだよ。

 

 

 

 

 

 

 

皆様の愛する家族がずっとずっと幸せでありますように・・・。

そして、私と同じような苦しみを経験されたかたの
愛しい愛しい家族であるワンちゃんが、
ラブたんと一緒に、天国で幸せに過ごしていますように・・・・・。

 

 

ラブまま

 

 

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。